【初心者向け3DCG】POV-rayの使い方を紹介


このような疑問に答える記事を用意しました.

この記事の内容

  1. 3DCGとは
    1. POR-rayとは
  2. POV-rayの使い方のステップ3つ
    1. POV-rayをダウンロード
    2. ②POV-rayを起動
    3. ③動かしてみよう

1.3DCGとは

3DCGとはコンピュータの計算で,仮想的に立体物を作る技術のことを言います.

例えば,アニメや映画などでよく使われている技術です.

実際に,ピクサースタジオの「カールじいさんの空飛ぶ家」ではこいうった技術で映画が作られています.

POR-rayとは

先ほど紹介した,3DCGを作れるソフトウェアのことです.

レイトレーシングという技法でリアリティーのある,3Dの画像を作成できます.

2.POV-rayの使い方のステップ

①POV-rayをダウンロード

Windowsの方

POV-ray(Windowsバージョン):http://www.povray.org/download/

こちらのページに飛んでいただいて,「Windowsインストーラーをダウンロードする」からダウンロードしてください.

Macの方

POV-ray(Macバージョン):http://megapov.inetart.net/povrayunofficial_mac/alphapov.html

こちらのページに飛んでいただいて,赤枠のところをクリックしてダウンロードしてください.

②POV-rayを起動

次に先ほど,ダウンロードしたファイルを開くと,このようになっていると思います.

赤枠のファイルがPOV-rayのソフトウェア本体なので,クリックしてPOV-rayを起動してみましょう.

そうするとPOV-rayのテキストエディタが表示されますので,これにコードを書いていくことになります.

③動かしてみよう

今回は,基本的なサンプルコードを作成したので,そちらを使って進めていきます.

以下のサンプルコードを,先ほどのテキストエディタに貼り付けてください.

サンプルコード「test.pov」↓

#include "colors.inc"
#include "shapes.inc"
#include "textures.inc"
#include "Woods.inc"
#include "stones.inc"
#include "glass.inc"
#include "metals.inc"

//camera location
camera{
	location <15, 10, 15> //camera no takasa
	look_at <0, 5, 0> //camera no kakudo
	angle 60
}

//light wo setup
light_source {
	<5,10,5>
	color White
} 

//shere
object {
	sphere {4, 3}  //{center position, r size}
	translate<0, 0, 0> //object no zahyou(hidari, ue, temae)
	pigment {color Red}
}

//object no location
object{
	Plane_XZ
	pigment{color White}
}

貼り付けることができたら,「R」をクリックしてファイルを実行します.

以下のように3DCGが表示されたら成功です.


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*